おまとめローンの審査が厳しい理由

複数の業者から借り入れをしている人にとってはおまとめローンを利用できればメリットはかなり多いことは間違いありません。

複数の返済日に複数の金利になどで借り入れの管理だけで大変になっていることは少なくないでしょう。おまとめローンを利用できれば、金利は低くなる可能性が高く、返済日も月に一度になるので管理もしやすくなります。

複数のカードローンを利用すると各社返済日や返済方法が違いますし、自分の借入全体の状況の把握が難しくなります。返済できるのに、入金を忘れ延滞なんてことになっては信用を落としかねません。そこで「おまとめローン」で1度スッキリまとめて返済しやすく、借入状況も把握してみることは非常に良いことだと思います。
参照:おまとめローン比較ランキング.com

しかし、これはあくまでおまとめローンを利用できればの前提条件が付いてしまいます。おまとめローンを利用するにはもちろんのことですが、審査が必要となります。その審査が通常の審査より厳しくなるのは避けられません。

その理由は融資をする金融機関の立場からすればわかりやすいのですが、おまとめローンは複数の借り入れの一本化ですから、融資する金額が大きくなる可能性が高いので、その分審査が厳しくなります。

それに複数の借り入れをしている人に融資するのですから、その点でも融資するほうにとっては慎重にならざるを得ないのです。

おまとめローンの体験談

消費者金融3社、銀行1社から250万円程借りていた時です。月々の返済額が5万円程に膨らんでいて、かなり苦しくなっていました。
そんな時、テレビでおまとめローンというものがあることを知り、ネットで調べてみると、総量規制対象外という情報が目に留まり、迷わず、一番借入額の大きかったアコムに電話しました。

担当者と話しをし、一度お店でおまとめローンの検討を行うことになりました。お店に行くと、資料を準備してくれ、現在の借入額とそれぞれの金利とおまとめした際の金利を検討していきます。

銀行はおまとめした場合よりも金利が安かったため、対象から外して、他については金利が安くなるため、おまとめローンに借り換えを行なうことにしました。
契約書にサインをすると、お金を持ってきてくれ、それをもって、他の消費者金融へ返済に行きました。近くだったのでよかったですが、札束を持っていたので、かなり緊張しました。
完済証明書ももらって、お店に戻って、契約が完了しました。

月々の返済額が3万円以内に収まることになり、生活にも余裕が生まれて、ストレスが少なくなったように思えます。

おまとめローンは早いうちに!

複数社にわたって借り入れをしている場合に支払を一つにまとめるために有効なおまとめローンですが、実際に使おうとした際にはすでに時遅しという場合もあります。

というのも、おまとめローンに対して誤った認識をお持ちの方もいらっしゃるのですが、おまとめローンは決して返済に困ってから利用するものではありません。困らないために事前に利用するものです。
そのため返済に苦慮してすでに未納などを発生させてしまっている場合などはおまとめローンの借り入れ審査に落ちてしまうことが考えられるのです。

おまとめローンは低金利且つ基本的には高額貸出になることが予想されているため審査基準も通常よりもハードルが高いとされています。

もちろんそのハードルについての開示はありませんし通過率は業者によって異なりますが、返済に困り切ってから借り入れをしてまとめようとするのでは無く、苦慮することをが予想されるときは素早く利用してしまうのが賢いと言えましょう。

お金を借りることは、すぐに返せたら別にいいのでは?

人間、仕方ないときもありますよ。
大学に行くのだって、相当お金かかりますし…
そんなに簡単に借りているわけではなく、仕方なく借りているのがほとんどでしょう。

そんなにまで、気にしなくても、きちんと返せていれば大丈夫ですよ。
ある研究期間が言っていたけど、借金しても、それ以上の儲けが期待できる場合、借金でも投資になるから、高くたって人はするんだ!というデータが数字化されて、理路整然と、どこがどのようになって、一体どこら辺から黒字になるかまで図表でわかりやすく見せていました。

すごくタメになりました。ああいうのを見たら、借金が一概に悪いことだと言えないこととがわかります。
そして、その理由とか、説明がつくんです。
あそこまで話せたら説得力があるからいいんですけど、普通の人は、あそこまできれいには話せないです。

だから、黙るけど、黒字にするための投資だと思えば、それで明るくなれるし、きちんと返済していれば特に問題はないと思います。

カードローンを申込み、お金を借りられる安心感を用意する

お金を借りなければ、生活が成り立たないという経済状況は、精神的には結構辛い状況だと思います。何か追い込まれている感覚を覚えます。
もし、借りられなかったらどうなってしまうのだろうという不安感を抱きながらの生活科は、精神的にも不安定に成りかねません。

あまり、難しい状況になる前に、カードローンの申込みをしておきたいものです。複数の限度額の小さな消費者金融系カードローンを複数契約するよりも、限度額を大きく設定することが出来る可能性がある、銀行系カードローンの申込みを検討されるのも良いかもしれません。

消費者金融系カードローンには、総量規制という法律が摘要される為に、年収の1/3までしか借りられません。つまり限度額は、最高でも年収の1/3までとなります。複数のカードローンを契約していても、全体で借りられる金額が、年収の1/3までとなりますので、注意が必要です。

代わって、銀行系カードローンの場合は、その総量規制の対象外となりますので、安定した収入がある方でしたら、年収の1/3までにとらわれず、より大きな限度額の設定が得られる可能性があります。

但し、限度額が大きいからと、沢山借りれば借りるほど、当然毎月の返済額も上がりますので、その辺りはバランスを取りながらの利用を、心掛ける注意が必要だと思います。

金融は銀行をはじめ、いろんな取引がある

金融というのは、よくもわるくもお金の流れです。

銀行に預けるのも、銀行から借りるのも、また消費者金融から借りる、株を買う、といったいろんな取引があります。通常は、銀行の預貯金、会社から振り込まれる口座を持っているにすぎないことと思います。
それが大人になるにしたがって、株を買ったり、外国為替に興味を持ったり、余裕ができたお金を運用することを考えていくでしょう。
とくに一昔前は、株をやっているとか、外国通貨でトレードしているというのは、オーナーであるような富裕層のすることという意識がありました。

ところが、だんだんとその敷居が下がってきて、一般的にも株や為替取引をすることが増えてきました。

この傾向はたぶんネットがもたらしたものと思います。