金融は銀行をはじめ、いろんな取引がある

金融というのは、よくもわるくもお金の流れです。

銀行に預けるのも、銀行から借りるのも、また消費者金融から借りる、株を買う、といったいろんな取引があります。通常は、銀行の預貯金、会社から振り込まれる口座を持っているにすぎないことと思います。
それが大人になるにしたがって、株を買ったり、外国為替に興味を持ったり、余裕ができたお金を運用することを考えていくでしょう。
とくに一昔前は、株をやっているとか、外国通貨でトレードしているというのは、オーナーであるような富裕層のすることという意識がありました。

ところが、だんだんとその敷居が下がってきて、一般的にも株や為替取引をすることが増えてきました。

この傾向はたぶんネットがもたらしたものと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です