カードローンを申込み、お金を借りられる安心感を用意する

お金を借りなければ、生活が成り立たないという経済状況は、精神的には結構辛い状況だと思います。何か追い込まれている感覚を覚えます。
もし、借りられなかったらどうなってしまうのだろうという不安感を抱きながらの生活科は、精神的にも不安定に成りかねません。

あまり、難しい状況になる前に、カードローンの申込みをしておきたいものです。複数の限度額の小さな消費者金融系カードローンを複数契約するよりも、限度額を大きく設定することが出来る可能性がある、銀行系カードローンの申込みを検討されるのも良いかもしれません。

消費者金融系カードローンには、総量規制という法律が摘要される為に、年収の1/3までしか借りられません。つまり限度額は、最高でも年収の1/3までとなります。複数のカードローンを契約していても、全体で借りられる金額が、年収の1/3までとなりますので、注意が必要です。

代わって、銀行系カードローンの場合は、その総量規制の対象外となりますので、安定した収入がある方でしたら、年収の1/3までにとらわれず、より大きな限度額の設定が得られる可能性があります。

但し、限度額が大きいからと、沢山借りれば借りるほど、当然毎月の返済額も上がりますので、その辺りはバランスを取りながらの利用を、心掛ける注意が必要だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です